瓦屋根の劣化を見つけたら雨漏り調査を依頼しよう

雨漏りの原因は屋根であることが多い

雨漏りは住宅の大敵!被害が拡大する前に業者へ

雨漏りは住宅に様々な影響を及ぼします。被害状況が拡大する前に早めに雨漏り調査を依頼することが大事です。

雨漏り調査を行なうメリット

天井

雨漏り調査では、雨漏りの原因となる箇所を的確に見つけることができます。雨漏りの原因がわかることで、その部分を修理して雨漏りを直すことができます。調査によっては、瓦屋根でもそれ以外の屋根でも修理は可能ですが、雨漏りの被害の大きさによっては屋根全体の修理が必要になることもあります。被害範囲が小さい場合には部分修理をすることができます。

業者が行なっている雨漏り調査にはどんなものがあるの?

散水調査
散水調査では、雨漏りの原因と思われる場所に水を15分から30分ほどかけます。必然的に雨漏りを起こして水が流れてくる場所を直接目で見て確認する方法です。プロが現場を見て、今までの知識を生かして雨漏りを確認することができます。
目視調査
目視調査では、まず室内の雨漏り部分を確認します。それから侵入経路を予測して屋根の上から確認して侵入の経路を探す方法です。この目視調査をする業者で経験が豊富な人がいれば屋根の現状を見るだけで、雨漏りの原因となる場所をある程度把握することができます。
発光液・赤外線調査
発光液・赤外線調査は、赤外線をあてると光る液体を使用して雨漏り箇所を発見します。予測しながら雨漏りの原因となり得る箇所に発光液を流します。赤外線を当てて、光る部分を確認しながら雨漏り箇所を確認することができます。
赤外線カメラ調査
赤外線カメラ調査では、温度差で雨漏りを確認することができます。赤外線カメラで見ると、映っている部分が色で表示されます。温度によって色が違い、温度が低くなっている部分は雨漏りしている可能性が高い箇所になります。

雨漏りが発生する原因の多くは屋根から

住宅の中で雨漏りが発生しやすい場所として挙げられるのが屋根です。なぜ雨漏りの原因は屋根に多いのでしょうか。

屋根から雨漏りが発生する理由

屋根から雨漏りすることが多いと良く聞きますが、それは何故ですか?
屋根は、瓦の下に防水シートという物があり、その下に板が敷かれています。そのため、水を通さないと思われる人が多いと思いますが、それは瓦がしっかりと屋根の意味を成し遂げているときに限られます。万が一、瓦が破損してしまうと防水シートが雨風にさらされてしまい、早く劣化してしまうのです。そうなれば雨水を難なく通してしまい、屋根からどんどんとしみ込んでいくのです。防水シートよりも瓦の劣化の方が早く進むため、瓦の劣化や破損で雨漏りは起きやすくなります。そうなる前に早めの雨漏り調査をしましょう。

雨漏り調査を依頼するタイミング

雨漏りが屋根から起きると修理が必要です。修理の前に雨漏り調査を依頼しましょう。ここでは雨漏り調査のタイミングを把握しておきましょう。

チェックしておくべきポイント

雨漏りは、部屋の中まで達していない場合でも屋根の途中まで雨水が流れている可能性があります。定期的に屋根をチェックして、異変があれば業者に雨漏り調査を依頼しましょう。屋根のチェックポイントは、瓦にヒビや破損がないかを確認します。また、コーキングが剥がれていないか、棟板金がまっすぐになっていないか、浮いていないかなどを見て確認します。また、瓦の色が変色していることもチェックポイントになります。危険の無いように見える範囲でチェックをして、異変を発見したら雨漏り修理業者に調査を依頼しましょう。

TOPボタン