雨漏り調査をすることで瓦屋根の寿命をのばせる

雨漏りの原因は屋根であることが多い

雨漏り調査を依頼する前に知っておきたいこと

瓦屋根の雨漏り調査を業者に依頼するときには、使用されている瓦の特徴や寿命をきちんと把握しておくと良いでしょう。

屋根瓦の主な種類と特徴

粘土瓦
粘土瓦は上品さがあり、雰囲気漂うものがあります。それだけではなく、強度が高く、耐久性にも優れています。この粘土瓦の寿命が20年~30年ほどです。20年以上経っていれば、一度どれくらい劣化しているかを確認してみましょう。
ストレート瓦
ストレート瓦はセメントを使用していますが、その中に繊維なども含まれています。一般的に多く普及している瓦で、粘土瓦よりも軽量な特徴があり、色が豊富にあります。ストレート瓦の寿命が、約10年~15年と粘土瓦よりも短いです。
金属瓦
金属瓦は素材にトタンやアルミ、ステンレスなどを使用しており、非常に軽いのが特徴です。その重さは、粘土瓦の10分の1ほどの軽さです。寿命は20年~30年ほどですが、5年~7年ほど経つと色が褪せたり変色したりするので、塗り替えなどを行う必要があります。
セメント瓦
セメント瓦は繊維は入っておらず、セメントと骨材で作られた瓦です。セメント瓦の寿命は10年~20年ほどですが、10年ほどで塗装が剥がれるのでメンテナンスが必要です。20年ほど経つと防水機能の低下も見られ、雨漏りしやすくなります。

定期的なメンテナンスと調査を行なうことが大事

瓦屋根の耐用年数は50年~100年、ストレート屋根は20年~25年ほどと言われています。しかし、屋根は雨風にさらされる場所にあるため、劣化が進み、耐用年数は短くなります。また、きちんと施工されていない場合や、自然災害などの被害に遭うとさらに寿命が短くなります。できるだけ長く使用できるようにするには定期的なメンテナンスが必要です。雨漏り調査を依頼して瓦屋根の耐用年数をのばしましょう。

TOPボタン